【コラム】就業規則を「念入りに」作っていますか?

2013-06-23

今回は、就業規則についてです。

就業規則は、10人以上の従業員を抱える会社には作成義務があります。作らないと労働基準法違反です。

でも実際のところ、従業員10人未満 の会社でも作ってるところは多いですよね。
でも「とりあえず作っておけ」ではダメです。 就業規則はとっても重要です。
何より就業規則が重要なのは、 労働者との労働契約の内容を規律する(決める) という点ですね。
就業規則の作り方次第で会社のルールが決まってしまうわけです。

もちろん、いくら就業規則でも、労働基準法などの強行規定に違反する内容は無効ですから、法に反しないルールを作る必要がある。
会社と労働者との労働契約を規律する ということは、裏を返せば、 就業規則で決めたことは、会社もその枠で規律される、 ということです。

労基法違反は論外ですが、労基法にないことを書く場合は、「きちんと会社として責任を持てることを書きましょう!!」
「とりあえず」じゃダメです。

そのへんのネットで回っている就業規則なんかでは、「書きすぎ」になっていることも多いです。

会社の規則をもう一回見直してみましょう!

 

【西船橋法律事務所の就業規則作成サポート】

西船橋法律事務所では、就業規則を一から作成することも、既存の就業規則の見直しにも対応しております。

「労使トラブル防止のサポート」→http://nishifuna-law.com/roushi_trouble/

会社の業種・実情・労務体制を入念にヒアリングさせていただき、適切かつ過不足のない就業規則をご提案いたします。

是非お気軽にご相談ください。

 

 

弁護士・司法書士専門のホームページ制作