不当解雇の法律知識

 

1 解雇とは

突然社長から「お前はクビだ!明日から来なくていい」と言われた・・・。

 

解雇とは、使用者からの一方的な労働契約の解約のことを言います。つまり,会社から,有無を言わさずに辞めさせられることです。解雇をされた場合、労働者側に解雇を拒否する自由は全く与えられません。

 

とはいえ、会社側から「辞めてくれ」と言われるだけで、直ちに解雇になるわけではありません。
「解雇」かどうかで争いになることもしばしばです。

 

解雇通知が渡されればわかりやすいのですが、単に「明日から来なくていい」と言われただけの場合はどうか・・・。「クビだ!」と言われたものの,結局会社の作った書面にサインをしてしまった場合はどうか・・・?

 

一言で「会社から辞めさせられた」と言っても,色々なケースが考えられます。
「解雇」と判断されるかどうかは,その状況,発言,その後の処遇等,色々な事情を踏まえてケースバイケースで考えるしかありません。
迷った場合,労働事件を重点的に取り扱う弁護士への相談をお勧めします。

 

2 不当解雇

それでは,解雇はどんな場合でもできるのか?会社は,辞めたくない社員を簡単に辞めさせることができるのか?
そんなことはありません。
解雇をするというのはとても大変なことなのです。

 

なにより,労働契約法第16条は,「使用者は,客観的合理的な理由を欠き,社会通念上相当であると認められない場合は,労働者を解雇することができない。」と,解雇権濫用法理を定めています。

 

法律上解雇は不自由であると定められています。滅多なことでは有効とは認められません。たとえば,遅刻が多い等の勤怠不良,ミスが多い等の能力不足等を理由とする解雇は非常に多いですが,そう簡単に認められるものではありません。

 

解雇に理由がない場合、労働契約法第16条によって,その解雇は無効になります。
ですから,解雇された労働者は,その解雇が不当解雇で無効であれば、会社の労働者としての地位を持ち続けることになるわけです。賃金の請求も可能です。

 

ページの上部へ戻る

弁護士・司法書士専門のホームページ制作