企業の皆様へ~顧問契約の勧め

 

1 顧問契約とは

御社に身近に気軽に相談できる法律家はいますか?少しでも迷った時に,気軽に相談ができる。会社のことをよく理解している「かかりつけ弁護士」、それが顧問弁護士です。

 

2 顧問契約のメリット

「顧問弁護士なんて、大企業だけの話でしょ?うちには関係ない・・・」とお考えになる企業も多いのではないでしょうか。
しかし、そんなことはありません。中小企業こそ、顧問弁護士を付けるメリットがあるのです。

 

(1) 「かかりつけ」の法律専門家が近くにいるということ

弁護士は、司法試験を突破して特別なトレーニングを積んできた法律の専門家です。法律問題に関して適切なアドバイスができるのは弁護士以外にはいません。
顧問契約を結べば、いつでも優先して法律相談を受けることができます。遠方でも、メールや電話の相談も可能です。
まさしく、弁護士が御社の「かかりつけ弁護士」になるわけです。
西船橋法律事務所では、顧問契約締結前後を通じて御社の業種・業態・社内の実情等を詳細にヒアリングさせていただきます。
「誰よりも御社のことに詳しい担当弁護士」がすぐ側にいる、それが顧問契約の第一のメリットです。

 

(2) 経営者様、担当者様の不安解消

こうした「かかりつけ弁護士」がいることによって、様々な不安から解消されるはずです。
たとえば、①紛争予防のための様々なアドバイスの提供、②有利な取引の実現、③契約書面のアドバイス、④紛争化した場合の拠り所、窓口の一本化
等、一例を挙げただけでも、会社が手探りで行っていたことが、法律的な根拠をもって行えます。いざという時も、交渉のプロである弁護士に全て任せることができます。

 

(3) 高いコストパフォーマンス

顧問契約の顧問料は高い。顧問弁護士はコストがかかる。そういうイメージをお持ちの会社も多いかと思います。
しかし、そんなことはないのです。上記のメリットを考えれば、顧問料は決してコストのかかるものではありません。
たとえば,法律を専門部門とする法務部が存在する会社がどれだけあるでしょうか?
それこそ,膨大な人的コストとマンパワーが必要です。多くの企業では法務部の設置自体困難でしょう。
かといって,法務担当の専門スタッフを雇用したとします。そのスタッフの人件費はいくらでしょうか。しかも法務専門といっても,決して法律のプロではありません。
もう一つ、たとえば労務管理が不十分だった場合に裁判等でかかるコストがどのくらいかご存じでしょうか?
会社の経営が傾く程の解決金を払わないといけないケースだってあるのです。事前にそのコストを抑えるだけでも、十分なロスカットが実現できるのです。

 

3 西船橋法律事務所の顧問契約プラン

西船橋法律事務所では、3つのプランを用意させていただきました。詳しくは表をご覧いただき、お気軽にお問い合わせ下さい。
基本プランは「一般企業様向けプラン」です。顧問契約導入に迷っておられる方は「一般企業様向けプラン」から始められるのをお勧めします。

 

    ※クリックで拡大

 

4 顧問契約締結の流れ

ご予約いただき、面談の上でお打ち合わせさせていただきます。
御社の業務内容・ご要望等を詳細にヒアリングさせていただき、顧問契約を締結するかどうかの検討をさせていただきます。
※ヒアリング結果次第では顧問契約の締結をお断りさせて頂くこともありますので、予めご了解下さいませ。

 

 

ページの上部へ戻る

弁護士・司法書士専門のホームページ制作