事故発生から解決までの注意点

 

1 交通事故発生直後

交通事故が発生した直後に何をするべきでしょうか。

⑴ まず、警察に事故を報告すること、そして怪我した人がいれば救護を行うことが必要です。
⑵ 相手方の特定
それ以外に、今後の交通事故事件の解決のために必要なこととして、相手方についていくつか確認しておくべきでしょう。相手方がわからなくなってしまっては請求も何も始まりません。

 

① 相手の氏名・住所・連絡先
② 相手の勤務先の名称・連絡先
③ 自動車の所有者の氏名、運転目的等(相手と所有者が別の場合)
④ 相手方の自賠責保険と任意保険の保険会社・契約番号
⑤ ①~④が判明しない場合は、ナンバープレートを押さえておきましょう。

 

⑶ 現場保全
事故現場はできる限り証拠に残しておきましょう。警察がやってくれる等と構えていると後に後悔することにもなりかねません。

 

① 現場の状況(道路状況、信号、横断歩道、照明、交通量、見通しなど)
② 事故に関する状況(双方車両の破損状況、道路上のスリップ痕の長さ、擦過痕、血痕)
③ 被害の状況(被害者の転倒位置、衝突地点、破片の位置等)

 

⑷ 相手方の言い分等もできるだけ記録しておいた方がよいでしょう。

 

2 病院対応について

交通事故によって傷害を負った場合、無理せずに速やかに病院に通院するべきでしょう。事故から通院まで間が空いてしまうと、事故と傷害との因果関係が疑われてしまう可能性があります。
また、通院期間は慰謝料額にも影響します。痛みや辛さがある以上は、定期的に通院する方がよいと思います。→詳細は【慰謝料の基準と計算方法】
病院の領収書や交通費の領収書も保管しておくべきです。

 

3 保険会社対応

通常は加害者が保険会社に連絡し、そこから加害者側保険会社の対応が始まります。
治療費等の立て替え払いがなされることも多いです。

 

 

ページの上部へ戻る

弁護士・司法書士専門のホームページ制作